FC2ブログ

情報訂正

スラバヤ
10 /16 2014
以前記事にしました、スラバヤのベキザール・ホテルに再訪。

親切な親日家のマネジャーさん、3泊しましたが姿がなく、
辞めてしまった模様です。残念

続きを読む

スポンサーサイト

スラバヤでコスパ&立地抜群

スラバヤ
02 /22 2014
前回はスラバヤでも比較的高級なホテルを紹介しましたが、

今回は2★ながらコスト・パフォーマンスに優れたホテルを。

Bekizaar ベキザール・ホテル ★★ 評価7.1

beki.jpg

タンジュンガン・プラザと道を挟んで反対側 という好立地。

比較的新しく、清潔でキレイ。

そして何より、スタッフがみな親切でフレンドリー。

CIMG3041.jpg

画像中央の男性はフロントのマネジャーAfandiさん。

日本で働いた経験があり、大の親日家。

英語はもちろんカタコト日本語も。

≪追記:彼は退職しました≫


彼を含めフロントの人たちはみな、イヤな顔ひとつせず

私の質問や要望に応えてくれました。

またフロント係に1名、モロに私のタイプな美女が!

CIMG3042.jpg

写真はうまく撮れなかったので、実物は現地でご覧ください。

レビューを見ても、スタッフの対応とコスパ、で評価されています。

ベキザール・ホテルをagodaで見る

スラバヤでは女性市長の意向で、

有名なドリーなどの風俗エリアが続々と閉鎖に追い込まれています。

スラバヤにご出張なら

スラバヤ
01 /24 2014
以前スラバヤに関しては、ファリラGHの記事を書きましたが、
あれはドリーで夜遊びを考える“節約派”の方々向けのお話。

ご出張で泊まるレベルのホテルではありません。
で、ビジネス・ユースに応えられ、かつ遊びやすいホテルとしてココを。


サマーセット スラバヤ ホテル&サービスド レジデンス
Somerset Surabaya Hotel & Serviced Residence

somerset.jpg

レビュー評価7.3 の4★ホテルです。

普段は4★なんて泊まらない私ですが、昨年春に1泊だけ試してみました。
その理由は、以下の情報を得ていたからです。

・ホテルのBARには、援助希望の尾根遺産が出没する

・従業員が斡旋してくれることがある

somerset2.jpg

ところが実際に宿泊、偵察してみたら、
画像のBARは改装されたそうで、宿泊客だけしかいませんでした。

また、スタッフが声かけしてこないかなぁ と
ロビーをブラついてもみましたが、全くそのようなことは起きず。

数泊していれば、チャンスは訪れるのかもしれませんが。


ホテルとしてはさすがのクオリティを備えていますし、
ランチのビュフェも秀逸でした。

夜遊びを考えた場合、いずれにせよタクシー移動にはなるので、
立地としてもこの場所はけっこう便利です。

agodaでサマーセットの詳細を見る

スラバヤの夜遊び情報はコチラ

オトコの夜遊びガイド「スラバヤ編」はコチラ

スラバヤで夜遊びなら

スラバヤ
06 /03 2013
≪追記≫ドリーは壊滅しました

ナイトライフを目的にスラバヤを訪れる方々は
それほど多くはないでしょうが・・・・

最も有名なのはドリーですけれど、ドリー訪問ならば
いずれにせよタクシーで行くことになりますから、
どこのホテルに滞在しても、その意味では同じことです。

ドリー界隈に、日本から予約できるようなホテルは無いですし、
ドリーの遊び方は「その場で済ませる」わけで、
テイクアウトではないからです。

agoda を見ると、Farila Guest House なら徒歩圏だし、安いし、
とお考えになる方々もいらっしゃるでしょう。

あれ、アゴダの地図が間違っています。
Farila Guest House の住所はKupang Timur XX(20)なのに
10のあたりにポイントされていますから。

実際に泊まった私の感想は「これなら他地区からタクシーでしょ?」

実際のホテルの位置は、アゴダ地図のポイントから
直線距離で700mほど南西になります。

ですので徒歩でドリーのメインエリアに行くなら、15分以上かかります。
で、そこから置屋群を「歩いて回る」ことになります。

酷暑のスラバヤで、そんな思いをするくらいなら、
メインエリアまで乗り付けたほうがいいと思います。

またFarila Guest House は住宅街の中なので、
付近にコンビニどころか商店も屋台もありませんし、
タクシーが拾える道路までは200m以上歩くことになります。

ファリラGHをアゴダで確認する

夜遊びのメインがドリーだとしても、ホテル選びに関しては
昼間どこで何をするか、などを考慮してお決めになることをお勧めいたします。

越境徘徊人

FC2ブログへようこそ!