FC2ブログ

新しい穴場宿はパブ・ストリート至近

シェムリアップ
04 /18 2018
今回紹介しますのは、シェムリアップの新しい宿、ウープス ホステル (Oops Hostel)。

男女共用のドミトリー、女性専用のドミトリーが主ですが、ダブルの部屋も実はあるんです。

一番高い部屋でしたが、それでも僅か邦貨2,400円。観光シーズンの2月でも朝食つきでこの値段。

部屋もシャワールームも広いし清潔。カンボジアのこの価格帯では珍しく、冷蔵庫もありました。

パブ・ストリートの西端からわずか徒歩1分の立地ですから、飲み歩きたい人には最高。付近にはもちろんコンビニやレストラン多数。ナイト・マーケットにも徒歩5分くらい。トゥクトゥク無用の滞在です。

アゴダのレビュースコアが8.9と高いのも納得です。

ウープス ホステル をagodaでみるならコチラです。
スポンサーサイト

【シェムリアップ】宿泊はNGだが食事は絶品!なGH

シェムリアップ
11 /10 2014
今回はいつもと逆に、お勧めできないホテルの情報です。

先日シェムリアップに再訪したときに宿泊したのが、
オールド・マーケット南の シャドウ・オブ・アンコール・1
*2は離れた別の場所です

何がヒドいって、隣の屋上がライブBARなので、
24時頃まで、うるさくて眠れやしません(怒

シェムリアップに観光で行く場合、
翌朝早くに出かけるケースも多いでしょう?
このホテルに泊まってはいけません。

DSC_0140.jpg

おまけにその時は、同じビルの1Fも改装中で、
朝から夕方まで、金属を切断する工具の音・・・・・気分は最悪です。

部屋はまぁ、価格なりで仕方ありませんが、
DSC_0138.jpg

それにしてもシャワー&トイレの狭さには涙が出ます
DSC_0139.jpg

わざわざ宿泊先にココをチョイスすべき理由が見当たりません。

しかし・・・

併設のレストランの、カンボジア料理は 秀逸です!!

ありきたりのパン・卵・ベーコン みたいな朝食がイヤな方、
せっかくならカンボジアらしくて、かつ美味しい朝食を、とお考えの方、
前の晩、カラオケで飲み過ぎてしまった方、

Shadows of Angkol 1 の【クメール・ブレークファスト】がイイですよ!

DSC_0152.jpg
ちょっと香草を端によけて撮影しました。

カンボジア定番の朝料理だそうで、
エビ、ヒキ肉が入ってよいダシになった、ショウガ風味のお粥 です。

絶対に日本人が好きな味、だと思います。

DSC_0153.jpg

プノンペンを含め、これまで食べたカンボジア料理でイチバンかなぁ

*現地の高級レストランには行ったことがありません。
 あくまで手頃なお店で、の話

サンドイッチやアメリカン・スタイルなど、他の朝食メニューもありますけど。

お昼に食べた、これもクメール流サカナのカレー風味 も絶品でした。

両隣のベトナム、タイと比較して、美食のイメージが無いカンボジアでしたが
ここの2種類のクメール・クッキングで評価を改めました。

お店の場所は、agodaの下記リンクでご確認ください。

Shadow 1 の場所をアゴダで見る

シェムリアップの夜遊び情報はコチラ

シェムリアップならこのホテル!

シェムリアップ
11 /26 2012
たくさんありすぎて、どのホテルがいいか、なんて
わからなくなりそうなシェムリアップ。

夜遊びに関しては、共通する注意点があります。

1.お持ち帰りした尾根遺産が、IDを持っていないと入館不可

1泊2千円程度のゲストハウスさえ、トラブルを恐れてこういう対応をします。
私は2度も痛い目に遭いました。
娘は何か代わりになるような書類を提示しましたが、
フロントはかたくなに拒否しました。

そしてカンボジアでは、貧乏な家の娘はIDを持っていません。
作るにしても、半年以上待たされるのはザラだそう。

2.タイと同様、ジョイナーフィーが必要。

現地の旅行代理店スタッフに聞きましたら、
相場で20$は必要です。

さて、そこで私がイチ推しするのは

Steung siem reap
ストゥング シェムリアップ ★★★★☆ 評価8.6

CIMG2057.jpg

時期にもよりますが40$台で予約可能でしょう。
キレイだし、部屋は広いし、NHKも映るし。
BARストリートまで徒歩1分。でも静か。

CIMG2058.jpg

agodaでSteungSiemreapの詳細を見る

でも、このホテルを推す理由は・・・・ここでは公開できません。
どうしても知りたい方はこちらを。

≪追記: 状況が変わり、推奨理由がなくなりました≫

シェムリアップ夜遊びの最新情報ならコチラをご覧ください。

オトコの夜遊びガイド「シェムリアップ編」

越境徘徊人

FC2ブログへようこそ!