FC2ブログ

イポーの和食レストラン

クアラルンプール
10 /23 2017
前回の記事で紹介しましたゲストハウスには
SUNTEI BENTO
という和食屋が併設されています。

20170702_072105.jpg

ここで2度、食事しましたが
店内に日本人はいなくて、
調理しているのは現地の女性でした。

調理は独学らしいのですが、
でも、なかなか筋はいい印象です。

20170702_121147.jpg

セット・メニューが中心で、
邦貨換算で¥600前後。

20170702_123655.jpg

上が初入店時にオーダーした、
サバ塩焼のセットです。
品数の多さとバランスは秀逸です。

味噌汁、茶碗蒸しは日本人が作るものと遜色なし。

ただ、白飯に甘いツメ(あなご寿司の、あのタレ)が
かかっているのだけは・・・・

現地人好みなんでしょうね。
実際、ランチタイムはとても繁盛していた印象です。
邦人の姿は2度とも見かけませんでしたが。

20170702_123644.jpg

マレーシア料理はかなり好きな私ですが、
魚料理に関していえば、やはり日本の
シンプルな塩焼きが恋しく感じたりします。

サバの塩焼きなら、ハズレ確率は少ないはず。
レモンも添えてあるし、刻んだ香味野菜を乗せるあたりは
下手な和食屋よりセンスがいいかも?

20170702_184428.jpg

再訪時にオーダーしたセットです。
揚げ物はまぁ、こんなものでしょう。

残念な印象だったのはウドンです。

玉子焼きやカニカマがトッピングされているあたりが、
ちゃんとした和食屋ではありえない発想でしょ? (苦笑

スポンサーサイト

イポーの「和食処併設」格安ホテル

クアラルンプール
10 /03 2017
今夏、数年ぶりにマレーシアのイポー再訪にあたり、
立地・価格・新しさなどを総合的に勘案して
チョイスした投宿先がここです。

シャムロック ゲスト ハウス Shamrock Guest House

20170702_084638.jpg

ゲストハウス名は目立ちませんが、
併設の和食処SUNTEI BENTOが目立ちます。

小さなGHなので、フロントにスタッフは常駐してません。

チェックインのときは、インタホンで呼び出して
オートロックを開錠してもらいます。

ルームキーとともに、メイン入口のキーももらい、
あとは24時間、自由に出入りできます。

オートロックな分、セキュリティは良好なのかと。

20170702_084628.jpg

格安料金帯で、8.2というスコアは優秀でしょう?

部屋は広さも充分ですし、まだ新しいので清潔感も抜群!

室内の装飾や館内の随所に
アイルランドゆかりのものが数多くあるのは
オーナーの親戚がアイルランドにいるからだとか。

20170702_121157.jpg

画像のアイルランドのユニフォームの下方に
エクスプレス・チェックアウトのBOXがあるので、
ここにカギを返却すれば、早朝でもすぐにチェックアウト可能。

ipohMAP.png

このゲストハウス(地図画像の青色BED印)、
周辺には美味しいローカル食堂もありますし、
イポー屈指の巨大ホテル「シュエン」「エクセルシオール」も徒歩圏。

20170702_084723.jpg

道路の反対側にはタワーリージェンシーという
まさにイポーのメインエリアに位置しながら、
高級ホテル群と同じ周辺環境に格安で泊まれるわけです。


午後の便でクアラルンプールから帰国するためには
朝7時前後にはチェックアウトしたいところ。

BOXにカギを返却すれば済むのですが、
問題は駅またはバスターミナルまでのタクシーです。

とにかくイポーは朝晩、流しのタクシーが少ないのです。

20170702_084652.jpg

私は画像のタワーリージェンシーの前まで行って、
そこに来た車を無事、捕まえられました。

アゴダでゲストハウス情報をみるならコチラがリンクです


イポーのグルメ情報は別記事で。

越境徘徊人

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。