FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛煙家に好都合なカンボジア、でも状況に変化が

プノンペン
01 /16 2017
私と同じ愛煙家の方々向けに記事を書いてきましたので
今回は直接ホテルとは関係しませんが、
カンボジアの喫煙事情について、メリットと注意点を。

◇メリット

なんといっても、タバコが安い!!

日本の銘柄ではメビウスのシリーズだけしかないのは、
他の東南アジア各国と同様です。

しかし一般小売価格ではとてもお得。
1カートンで14ドルとかでOK。
(お店によって価格は違います)

で、面白い?ことに、プノンペンの
空港免税店では24ドル(前回訪問時)

ホーチミン、ジャカルタ、ヤンゴンの空港でも
値札は24~26ドル。これが正規価格ですよね。

ということは、カンボジアに流通しているのは
アノ国の製品か?

アノ国の国営レストランもあるカンボジアですからね。
たぶん入ってくるルートがあるのでしょう。

買って吸ってみましたが、全然違和感ありませんでした。


◆注意点

昨年、法律が変わり、公共の場は禁煙になりました。
警官に見つかると罰金5ドル。

カンボジアのタクシーといえばトゥクトゥク。

オープンエアですから、乗車中に喫煙も可能でしたので、
私は空港から市内へ向かうとき、
機内で我慢していたこともあって吸っていましたが
これからは気をつけないと。

現地の警官は、小遣い稼ぎのチャンスを狙っていますからね。


スポンサーサイト

越境徘徊人

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。